2016年10月06日

久々にエロゲを買ってみた

仕事柄エロゲの絵なんて見飽きております故、わざわざ絵を見るために買おうという気にはならないのであります。ストーリーがいいからと言われましても、それならエロである必要も無くむしろ邪魔、という姿勢も一貫して、泣きゲーなんてもんが流行った頃から持ち続けております。
そんな私ですがイリュージョンには一目置いておりまして、さて最近のハード性能向上による表現力の底上げがどこまで反映されているかと見てみました頃に、ちょうど発売されたのがこのハニーセレクトでございます。体験版でキャラクリに納得、即買いして始めてみるとしかし本編以上に、おまけのスタジオで遊ぶのが面白いのでありました。

athena01.jpg athena02.jpg

おっさんホイホイ

haruhimodoki01.jpg haruhimodoki02.jpg

エロ特化ならではのシステム
もちろん全部脱げます

niceman.png

また幅は狭いながら男も作れるという事で、某レジェンドAV監督っぽいキャラカード(※)を。
(※PNGに作成パラメータが埋め込まれてます)

niceman.jpg

ナイスですねー(´ω`)
posted by 豹一兎 at 01:05 | Comment(0) | ゲーム

2016年02月26日

アトラスに問い合わせてみた

真・女神転生4 FINALをやっておりまして。(一応ネタバレ防止)終盤のあるダンジョン内に「○○経絡」というマップがあるのですよ。がしかし、ワープ先の選択には「○○経路」と出てくるのでどっちやねん!というわけで、アトラスに問い合わせてみる事に。
窓口はと探してみると、ゲームソフトに関する問い合わせは電話のみ。まあメールだと色々と面倒な人がおるんでしょうな、と思いつつ電話(※フリーダイヤルではない)。翌日ご回答いただきまして、正解はと言うと「経絡」でございました。まあこれは予想通り。3にもアマラ経絡というマップがあった事ですしね(当時もよく経路と間違われてました)。しかし開発中に誰も気付かなかったんでしょうか。
ところで即答はできないので確認取るまでしばらく待っててね、という返答を頂きましたが、それはつまりこの件を問い合わせるのは私が初めてという事でしょうか。あるいはわざわざ電話で聞くような物好きが私くらいなのか(´ω`)
posted by 豹一兎 at 17:55 | Comment(0) | ゲーム

2015年11月20日

DDONやめました

はい、ドラゴンズドグマオンラインやめました。パッケージを買い課金もし、まだオプションも残ってますが、未練を残さないようキャラごと消しました。
いやぁ、ちょっと前にクランのメンバーとのチャットで「Fallout4出たら休止するかも」なんて言ったんですけど、その前にこんな形になっちゃいましたね。ちなみにその相手は「ソフィーのアトリエが出たら同じく〜」と言い、その通りになりました。

さて要因については大きく以下の通り。

 ・中間層の居場所が無いゲームデザイン
 ・週課が面倒

まず前者。まだまだサービス初期という事もあり仕方ないのかも知れませんが、みんながみんな最強装備を目指すしかない(他にやる事が無い)状況に置かれています。そのためには素材が必要になるわけですが、1.0まではまあそれもけっこう楽で、割といい加減にやってても集められました。
それが1.1に入り徐々に格差が開き出し、今やってる(11/19〜24)グランドミッションのグランエント戦で顕著になりました(前々週のグリッテンのモゴックでも兆候はありましたが)。並の野良PTではクリアすらできず、そうなるとここだけのレア素材ももらえません。そのためにがんばるかあきらめて見送るかの二択です。見送ったところで他に楽しめるコンテンツはありません。まあそこでアホくさくなっちゃいましたね。
なお公式サイトでは「最強装備を手に入れろ」と「初心者のレベル上げ」しかネタが無く、見事にその中間がありません。公式の姿勢がこれですから、うん、しょうがない。コラボ装備?装備の話ばかりされても。

さて後者。これも素材集めに関わる事なんですがね、上位装備の素材になる「印記章」という物が各エリアでもらえます。しかしそのためには毎週ある程度のエリアポイントが必要で、そのためにはクエストをこなさなくてはならないのです。ですがね、初期エリアでそれをやらされるのははっきり言って苦痛でしかありませんよ。一応ちょっと前に緩和はされましたが、多かれ少なかれクエをこなす必要があるのは変わりありません。更には今後のアプデでエリアが追加されていくわけですから、どんどん負担は増えるばかりなのは目に見えてます。それを考えるともう、ね。

とまあ色々ありますがアクションは楽しいんですよ。もっと短時間でサクッと済ませられればよかったのにね。そして際立つのはいつでも戻れるDQ10の安心感。ちなみにFF14は新生から一ヶ月でやめました。
posted by 豹一兎 at 02:19 | Comment(0) | ゲーム

2013年02月26日

新生FF14β開始

私は旧版で一度も課金しなかったので、β3からの参加になるんですけどね。ひとまずベンチをやってみましたよ。PCは旧版に合わせて作った現機のままで(もう2年以上になるのか・・・)、i7-930、GTX460の構成です。解像度はどれも1920x1080で。

最高品質
  SCORE:3750
  平均フレームレート:30.226
  評価:快適

高品質
  SCORE:5116
  平均フレームレート:41.090
  評価:とても快適

標準品質
  SCORE:7705
  平均フレームレート:64.182
  評価:非常に快適

実機で動く新生の画面は初めて見たわけですが、明らかに軽くなってます。最高品質でも目立ったカクカクは無く、360やPS3と同程度の感覚で、プレイには支障なさそうです。快適さを求めるなら標準ですかね。

β3が始まるまでまだまだですが、DQ10のアプデがあるのでそちらをやっておきますか(´ω`)
posted by 豹一兎 at 02:02 | Comment(0) | ゲーム

2012年11月13日

他のネトゲではこうはいかない

DQ10をちょこちょこやっております。ラスボスも倒しキーエンブレムも全て集め、大きな目的は無くなった状態なのですが、今後のアプデに期待が持てるのでレベル上げも苦にならないのですよね。そこがFF14との大きな違いです。結局FF14は一度も課金しませんでした。グゥーブーもらうためにウェルカムバックキャンペーンで入ったのが最後です。新生で課金するかどうかはβや無料期間での感触次第ですね。

そのDQ10とFF14の大きな違いの一つにユーザー層がありますが、それを実感する事例も多々あります。そんな出来事。
ある日曜日、フィールドで仲間に誘われました。時間もあるのでOKして一緒に戦闘をこなしていると、どうもリーダーの行動が拙い。たまたま全員パラディンのPTになったのですが、彼(リーダー)より私の方が明らかにレベル・HP・守備力が上なのにかかわらず、前に出ようとします。こちらのHPが大して減っていないのに回復しようとします。これらは一見して「パラディンの戦い方」に固執している低年齢的な行動だとわかりますが、別に咎めるつもりもありません。実に微笑ましく楽しいものです、それがDQ10のいいところ。
・・・が、その中の人がまさか小2とは。低くてもせいぜい高学年くらいだろうとの予想を下回っておりました。彼曰く、父親のキャラを使わせてもらっているとの事。レベル上げはいいけどお金は使わせてくれないとの事。うんうん、昔からそういうのはあったよ、とおっさんモードに。て言うか父親って私より若いんじゃないか?その彼がトイレに行くと言うのでしばらく待とうかというところ。実は彼の友達が横で見ており、代わりに操作を任されました。いやぁ、DQ1の頃は私も友達の家に集まってワクワクしながらプレイしていたよなぁ、と胸にこみ上げてくる物が。

その間わずか一時間ちょいでしたが、いい物見させてもらいました。そんなDQ10を、皆様もぜひどうぞ(´ω`)
posted by 豹一兎 at 21:16 | Comment(0) | ゲーム